エクステリア・外構工事を外構業者に頼む

外構業者

外構業者とはいったいどんな会社だろうか?。外構(エクステリア)工事を依頼する際、数多くの業者の中で、あなたの要望に答えられる外構業者はどこだろうか?

ここでは、外構業者について考えていきたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

外構業者に依頼する利点と注意点

エクステリア・外構専門という強み

1-11-21-31-4で、ホームセンター、ハウスメーカー、造園業者、土木業者にエクステリア・外構工事を頼む場合を説明してきた。以前にも述べているが、いずれの業者もエクステリア・外構工事を請け負ってくれるだろう。

しかし、近くに外構業者があれば、エクステリア・外構工事は外構業者に依頼していただきたい。外構業者といっても、エクステリア(外構)&ガーデン(造園)の専門店である。

エンドユーザーをターゲットとした専門店は、エクステリアやガーデンの提案力や商品知識、取扱商品数が圧倒的に違うからだ。まずはエクステリア雑誌、ガーデン雑誌、インターネットを利用してそれらの外構業者を探すことから始めよう。

エクステリア(外構)&ガーデン(造園)の専門店については、後ほど説明をする。

昔は存在しなかった外構業者

新築を建てると、自身で外構業者を探す方が年々増えている。それは、同予算でもハウスメーカーに頼むより10〜20%くらい質が高いものが出来るからである。要するに、ハウスメーカーの手数料分だけ素材やプランに割り当てることができる。

しかし、このような流れができたのもここ数年のことである。ちょっと前までは外構業者が存在しなかったのである。正確には、エンドユーザーを対象とした外構業者がなかったと言った方が良いだろう。

以前、外構工事はハウスメーカーが中小企業の外構業者や造園業者に施工をさせていたことがほとんどである。または近所に職人さんがいた場合に、ブロック屋さんや植木屋さんを紹介してもらって頼んでいたご家庭が多かっただろう。

それでは、現在の外構業者はどのようにして生まれたのであろうか。

第一のパターンは、建材業者(ブロックやセメント、生コン等建設資材を取り扱う業者)がブロック職人や左官職人、植木職人を束ねて外構業者に進化したことが考えられる。第二のパターンは、樹木を扱う造園業者がブロック職人や左官職人を束ねて外構業者に進化をしたことが考えられる。そして、それらの業者がエクステリアやガーデン全般を請負うようになり、ハウスメーカーや工務店の下請けを行っていた。

その後、自社でエクステリア&ガーデンデザイナー(設計者)を育てた業者が現れたのである。また、エクステリア&ガーデンデザイナーを束ねた図面代理作成業者も出現した。その業者と業務提携をすることで、施工業者はエンドユーザーをターゲットとしたのである。

もうひとつ、第三のパターンが挙げられる。元々、建築の設計をしていた建築士やランドスケープデザイナーが、エクステリア&ガーデンデザイナーとして転身したパターンがある。そしてブロック職人や左官職人、植木職人を束ねて設計から施工までを行っているのである。

以上のように、現在の外構業者には、エクステリア(外構)&ガーデン(造園)専門店となった外構業者がある。外構工事や造園工事を考えるならば、エクステリア&ガーデン専門店に相談するのが望ましいといえる。

外構業者だからといって、どこでも良い訳ではない

先にエクステリア&ガーデン専門店を挙げたが、外構業者=エクステリア&ガーデン専門店ではない。外構業者は大きく分けると以下の3タイプに分けられる。

①主に下請け工事を行う施工専門店
②設計を外注する設計・施工専門店
③自社で設計する設計・施工専門店

である。それぞれの特徴を説明していこう。

①は出来上がった図面に対して施工のみを行う外構業者である。もし、あなたが自ら図面を描けるならばこちらの業者に直接依頼することが最善であろう。経費も少ない可能性が高く、すぐに見積りも出るはずである。しかし、ほとんどの方は図面を描くことができないのが現実である。

②は図面代理作成業者に製図を依頼する外構工事である。営業担当と設計担当が分かれているので、プランや見積りの返しが早いであろう。急いで工事に取り掛かりたい方には、おすすめである。主な打合せは担当営業とすることになるので、専門的な知識や設計の意図は聞くことができないかもしれない。

③は自社で設計と施工を行う外構業者である。設計担当者と直接相談ができる事が多いので、専門的な知識や設計の意図を聞くことができる。慎重に外構工事を進めたい方におすすめである。しかし、営業担当、設計担当、現場管理者が分業制になっていない企業もある。その場合は、プラン作成や見積り作成に時間を要することが多い。時間が掛かることは覚悟しなければならない。

以上のように①②③には、それぞれポジティブな面とネガティブな面が共存する。あなたの要望に、最も近い外構業者を選ぼう。

→業者選びの知識

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です